文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

学術集会

第8回母子栄養懇話会学術集会

『産科診療に生かそう!
       栄養の知と技』



20226月4日(土)9:10~17:10 

  Zoom開催予定


NPO法人母子栄養懇話会
第8回母子栄養懇話会学術集会会長 
みらいウィメンズクリニック院長 茆原 弘光 



2013年10月立ち上げた『母子栄養懇話会』は特定非営利活動法人となり、今年8年目を迎えます。本会の目的は、産科に関わる医療者が、次世代に重要な影響を与える「妊産婦の適正な栄養」を、一丸となって達成することです。「懇話会」と称したのは意味の通り、医療に携わる様々な職種が「親しく打ち解けて話し合うこと」に重きをおいた会とし成長していくことを願って命名しました。これは、管理栄養士と栄養士が、医師、看護師、助産師とともに周産期の臨床栄養に関する情報を共有し、周産期栄養学をチームとして向上させて行くことを理想と考えます。
 
目的を達成するために、管理栄養士と栄養士が、妊産婦、胎児、新生児に対する理解を深め、病態や疾患、精神面、地域性や社会性など様々な角度から栄養を探訪することにより、医師、看護師、助産師と密接に連携し医療に貢献ができる人材として成長することも一つの目標です。そのために、母子栄養懇話会では、施設を超えた積極的な栄養や食事の情報・意見交換、勉強会を催して参りました。こうした活動が周産期医療への貢献、次世代への健康増進につながることと期待しています。2014年からは学術集会を開催し、毎年150名を超える参加者で活発な意見交換がなされました。
 
2022年の第8回母子栄養懇話会学術集会は『産科診療に生かそう! 栄養の知と技』をメインテーマに開催致します。副題として、周産期栄養アセスメント、臨床栄養と免疫、栄養指導における人工知能、栄養管理とプレコンセプションケア、などを設け各分野に熟達した研究者や施設の講演を予定しております。





【 受講内容 】

ただいま準備中です!

          
【 講師のご紹介 】

第8回母子栄養懇話会学術集会にご登壇下さいます先生方をご紹介いたします。

・中村 丁次 先生
 神奈川県立保健福祉大学 学長
公益社団法人 日本栄養士会 代表理事会長
 
・瀧本 秀美 先生
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
国立健康・栄養研究所 栄養疫学・食育研究部 部長
 
・武見 ゆかり 先生
女子栄養大学 栄養学部 食生態学研究室 教授
 
・根岸 靖幸 先生
日本医科大学大学院微生物学免疫学教室 准教授



第8回母子栄養懇話会学術集会も素晴らしい先生方からの貴重なお話をお聞きすることができるよう、準備を進めております。
参加お申し込みは来年1月中旬を予定しております。
今しばらくお待ちくださいませ。



【 お知らせ 】
 
一般演題の募集はプログラムの都合により中止いたします。
ご予定いただいておりました方々には、大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
何卒ご理解いただけますよう、お願いいたします。



【 お願い 】

本会の今後の発展を図る目的で、ご支援くださる企業または個人の募金・製品紹介や抄録集の広告の募集、会員の募集をしております。本趣旨にご賛同いただき、ご協力を賜りますようご検討をお願い申し上げます。
(一昨年学術集会の動画の一部がご覧にいただけます。https://youtu.be/9mA1gqCX-Ik


ご協賛はこちらから




*学術集会参加申込みはただいま準備中です。
 大変申し訳ございません、しばらくお待ちください。



<第8回母子栄養懇話会学術集会事務局>
医療法人社団 泰誠会 永井マザーズホスピタル内
事務局長 松本桃代
〒341-0004 埼玉県三郷市上彦名607-1
℡080-2042-0590 Fax048-957-6640 
E-mail:info@boshieiyou-konwa.org